(2020年版)ママ活アプリ・サイトのおすすめ!太ママと出会える無料登録可能なアプリ

(2020年版)ママ活アプリ・サイトのおすすめ!太ママと出会える無料特録可能なアプリ

最近はママ活アプリ・サイトがどんどん増えてきている。 どれを選んだら良いか迷ってしまうほどだ。 ママ活を始めるなら、無料登録可能なアプリやサイトを選んだ方がいいぞ! 課金だけされて、ママに出会えないのは辛いからな。 今回は、太ママと出会える無料登録可能なアプリ・サイトを紹介していく。 ママ活アプリ・サイトの使い方も解説していくから、最後まで目を通してくれ。

ママ活とは?本当に稼げるの?

ママ活とは?本当に稼げるの? ママ活とは、女と食事や買い物デートをすることでお金をもらう活動のことだ。 つまり、パパ活の逆バージョンだな。 「本当にそれだけで稼げるの?」と思うかもしれないが、本当だ。 ママ活をしている男の中には、時給5,000円以上を稼いでいる奴もいるぞ。 ママ活といっても、成人男女同士の付き合いであれば違法にはならない。 もちろん、未成年がママ活をするのはNGだが、18歳以上であればママ活は問題なく行うことができる。 ただし、何人のママに出会えるか、いくら稼げるかは、本人の努力次第だと言える。 今成功しているヤツの多くは、数多くの失敗をしたきた連中だ。 「素人でも簡単に稼げる」というほど甘いものではない。 ママを楽しませてあげられれば報酬も高くなっていくが、努力を怠れば報酬は上がらない。 失敗してもめげずに、次に活かせるかどうかが、ママ活で成功する鍵となるだろう。 あと、どんな手段を使うかも大事だな。 このあと紹介するアプリやサイトを使えば、早い段階でママに出会えるが、間違った手段を使うとトラブルに巻き込まれる可能性もあるから要注意だぞ!

ママ活のおすすめ方法

ママ活のおすすめ方法 ママ活をする方法は複数あるが、ここでは代表的な2つの方法を紹介しておく。

SNSを利用する

TwitterなどのSNSを利用すれば、簡単にママ活を始めることもできる。 ただし、この方法はあまりオススメできない。 なぜなら、詐欺や恐喝が横行しているからだ。 ママとSNSでやり取りして実際に会ってみたら、怖い人たちが出てきて恐喝された…なんてケースもある。怖いよな。 Twitterは誰でも匿名で始められるから、業者などが紛れ込んでいる可能性もある。 犯罪と詐欺の温床になっているから、一番危険な方法だといえるだろう。 ママと出会えない可能性が高いから、安易にSNSを利用するのは避けたほうが良いぞ!

ママ活アプリ・サイトを利用する

一番安全でトラブルが少ないのは、ママ活アプリ・サイトを利用する方法だ。 相手とアプリ・サイト内でメッセージのやり取りをして、お互い気に入ったらLINEなどの連絡先を交換して、ママと出会うことができる。 ママ活アプリ・サイトは24時間体制で監視しているものが多いので、素人でも安心して利用しやすい。 スマホがあれば、全国のママと簡単にメッセージのやり取りができるから、出会いの確率も自ずと上がる。 操作も簡単なものが多いから、ママ活初心者にもオススメだぞ!

ママ活アプリ・サイトを利用するメリット・デメリット

ママ活アプリ・サイトを利用するメリット・デメリット ママ活を始めるなら、アプリやサイトの使用は必須だ。 ママ活アプリ・サイトにはメリットがたくさんある。 うまく使いこなせば、効率よく稼げるぞ!

短時間で効率よくママ活ができる

ママ活アプリ・サイトには、たくさんのママが登録している。 スマホがあれば、短時間で複数のママにアタックできるから、効率が良い。 仮に1人のママに断られたとしても、代わりはいくらでもいるから、過度に落ち込む必要はない。

太ママと出会える確率が高い

最近はママ活専用のアプリやサイトが登場している。 30歳以上じゃないと登録できないとか、経済的余裕があるママしか登録できない等、厳しい条件を設けているアプリ・サイトもある。 そのようなアプリやサイトに登録すれば、高い確率で太ママと出会えるぞ! 基本的に女の年齢層が高いアプリやサイトは、太ママも数多く登録しているから、アプリやサイトの選び方を間違えなければ、太ママに出会うことは簡単だ。熟女の口説き方は、『熟女を口説くテクニック』を参考にしてくれ。

リスクが低い

ママ活アプリ・サイトに登録するときは、本人確認を行うことが多いため、SNSのような詐欺行為をすることはできない。 最近は年齢確認も厳しく行われているから、お互いにサバを読んで登録することもできない。 お互いの身分を保証されているから、安心して利用できるぞ。 相手の身分がわからない SNSでやり取りするより、よっぽど安全だろう。 運営側も24時間体制で危険行為がないかチェックしているから、トラブルに遭う可能性も低い。 万が一何かあった場合でも、サポート体制がしっかり整っているアプリ・サイトなら、すぐに対応してもらうことができる。 リスクの低いママ活アプリ・サイトなら、初心者でも気軽に始められるぞ!

ライバルが多い

ママ活アプリ・サイトは無料で登録できるものが多い。 無料で始められるのは良いが、誰でも気軽に始めやすい分、ライバル数は自ずと多くなる。 登録しても、自分から積極的にアピールしていかなければ、太ママと出会うことはできないだろう。 努力を怠れば、ママ活で成功することはできない。 甘い考えで始めると、痛い目に合うぞ!

ママ活アプリ・サイトに登録しているママの年齢層

ママ活アプリやサイトに登録しているママの年齢層は、以外に幅広い。既婚者の女性が多いが、20代後半から50代くらいのマダムまで年齢層は様々だ。

りょうた

一番多いのは、寂しくなりやすい30代〜40代だな。

ママ活は大学生が多いが、40代以上のママを狙うなら20代半ばくらいでも十分に射程範囲内だ。30代後半くらいになってくると旦那にも相手されなくなってくる。うまく取り入れば、継続してママ活を続けられるぞ。

俺たちが思う以上に、ママ活をしているママの数は多い。パパ活と比べると認知度は低いが、一定数のママの間では実はママ活は流行しているんだ。

ママ活アプリ・サイトの料金相場

ママ活の料金相場
  • 食事のみのデート→平均時給3〜5000円
  • 買い物デート→平均時給1万円
  • 大人の関係あり→5万〜10万以上

ママ活は基本的に、食事のみのデートが中心だ。普通にご飯やランチへ行って、話をするだけだな。それでも、平均時給は3000〜5000円くらいが相場となっている。買い物に付き合うデートとなると、時給は1万円と大幅アップする。

 

りょうた

時給1万円とか売れないホストより稼げるよな。

 

時間のかかる女の買い物の付き添いになるから、半日以上は確保できる。大人の関係や秘密の関係になれば、5万円や状況次第では10万円以上稼ぐこともできるぞ。

ママ活アプリ・サイトの選び方

ママ活アプリ・サイトの選び方 ママ活を効率よく進めていきたいなら、ママ活アプリ・サイトを慎重に選ぶ必要がある。 ママ活アプリ・サイトの選ぶ方を間違えると、トラブルに遭遇したり、ママに出会えなかったり、お金だけかかったりして、何も良いことはないからな。 ここではママ活アプリ・サイトの選び方を紹介するから、要チェックだ!

運営歴の長いママ活アプリ・サイトを選ぶ

運営歴が長いということは、それだけ利用者の数が多く、信頼されている証しでもある。 トラブルの対処にも慣れており、リスクも少ない。 利用者数も多いため、ママと出会える確率も高くなる。 会社概要や利用規約がしっかりあるところなら、安心して利用できるだろう。  

無料ポイントが多くもらえるママ活アプリ・サイトを選ぶ

マッチングアプリや出会い系サイトの機能を、男が完全無料で利用するのは難しい。 メッセージを送るにしても、ポイントを消費せねばならず、お金がかかる。 ママ活アプリ・サイトも同様に、ママと出会うまでお金がかかってしまうのだ。 ママ活を始める男の多くは、お金に困っているはずだから、できるだけ安く続けられるものを選んだ方が良い。 少ない負担でママと出会いたいなら、登録時にポイントがたくさんもらえるママ活アプリ・サイトや、無料機能を充実したものを選んだ方が良いぞ。 運が良ければ、無料期間中にママと出会えるからな!  

婚活アプリ・恋活アプリはママ活に不向き

婚活アプリや恋活アプリに登録している女の多くは、純粋に恋愛や婚活を楽しむために登録している。 ママ活で登録している女は少ない。 彼氏や結婚相手を欲しがっている女にママ活の話をしても、時間の無駄でしかない。 もちろん、ママ活希望の女がまったくいないわけではないが、大勢の女の中からママ活OKの女を探し出すのは至難の技だろう。 効率よくママ活を進めていきたいなら、若い女しか登録していないアプリではなく、ママ層がたくさん登録しているアプリを選んだ方が良い。 流行りのマッチングアプリは、女の年齢層が低すぎるものが多いから、ママ活には不向きだぞ!  

ママ活の利用が禁止されているアプリ・サイトは選ばない

マッチングアプリや出会い系サイトの中には、ママ活を禁止しているものがある。

  • ハッピーメール
  • ポイボーイ
  • YYC
  • Dating
  • ラブ 

これらのアプリ・サイトでママ活をしてしまうと、ルール違反となり、二度とそのアプリ・サイトを使えなくなる可能性もある。 プロフィールやメッセージで「ママ活希望です!」なんてアピールしたら、強制退会を食らうかもしれないぞ。 ママ活が禁止されているアプリは多いから、メッセージを送ったりアピールしたりするときは、慎重に行なった方が良い。 ママ活を始めたいなら、これから紹介するアプリ・サイトを利用してみてくれ!

無料登録可能!おすすめママ活アプリ・サイト<2020年版>

無料登録可能!おすすめママ活アプリ・サイト<2020年版> ここから紹介するママ活アプリ・サイトは、どれも無料で登録できるものばかりだ。 お金がかからないから、初心者も気軽に始めやすい。 複数並行して使えば、ママと出会える確率も格段にアップするぞ!

PCMAX

会員数 1500万人以上
登録料金 無料
ママの年齢層 30代〜40代
管理体制 24時間365日体制で有人監視
オススメ度 ★★★★★

PCMAXはどのアプリよりもアクティブユーザー数が多い。顔写真を掲載している女の率が高く、美人ママと出会いやすいサイトと言えるだろう。アダルトな出会いを認めていることから、ママ活で使っていてもペナルティを受ける心配はない。掲示板の書き込みも全ジャンル1日1回は無料でできる。毎日ログインするとボーナスポイントがもらえたりと、お得さもあるからぜひ試してみてくれ。

ワクワクメール:無料ポイントがたくさんもらえる

ワクワクメール

会員数 800万人以上
登録料金 無料
ママの年齢層 30代〜40代
管理体制 24時間365日体制で有人監視
オススメ度 ★★★★★

どのアプリ・サイトに登録しようか迷ったら、とりあえずワクワクメールに登録しておけば良い。 大手で運営歴も長く、これまでのマッチング実績は1000万組以上にも上る。 ママの数も多いから、ママ活を始めるには打ってつけだと言えるだろう。 実際、ワクワクメールでママ活をしている男は多い。 登録料金が無料な上に、登録するだけで1,700円分のポイントがもらえるのも魅力だ。 これだけのポイントがあれば、うまくいくと1〜2人のママと無料で出会えるぞ! 年齢認証を厳しく行なっているから、初心者でも安心して利用しやすい。 掲示板に毎日2万件以上の書き込みがあるワクワクメールなら、効率よくママ活ができるだろう。

ASOBO:入会ポイントが多い老舗アプリ

ASOBO

会員数 600万人以上
登録料金 無料
ママの年齢層 20代後半~50代
管理体制 24時間365日の監視体制
オススメ度 ★★★★☆

ASOBOは2001年から運営している老舗アプリだ。 大人の女が多いのが特徴で、無料登録するだけで1,300円相当のポイントがもらえるぞ! 1日1回無料で掲示板に投稿できるから、ママとのコミュニケーションも取りやすい。 公的書類の提出が義務付けられているから、登録しているのは身分が保障された人だけという安心感もある。 「マナー返信」という、無料で返信できる機能もあるぞ! ママ活で使える機能も盛りだくさんだから、登録しておいて損はないだろう。

ASOBOを試してみる 

イククル:会員数1500万人でママの数も豊富

イククル

会員数 会員数1500万人以上
登録料金 無料
ママの年齢層 20代〜40代
管理体制
オススメ度 ★★★★☆

イククルはPCMAXと並んで会員数1500万人以上という日本最大級の規模を誇る。 これだけの会員がいれば、太ママや気の合うママを探しやすい。 都市部だけでなく地方でも実績があり、全国どこでもママと出会いやすいのが特徴だ。 無料登録で1,000円相当のポイントがもらえる上に、日記の「書く」「読む」機能が無料で使えるぞ! 掲示板検索で簡単にママ探しができるのも便利だ。 実際に出会える確率が高く、利用者からの評価も上々だぞ。 ママの年齢層が低いから、姉活にも最適だ。  

Jメール:地方ママの利用者多数

Jメール

会員数 600万人
登録料金 無料
ママの年齢層 40代〜60代
管理体制 24時間365日の監視体制
オススメ度 ★★★☆☆

Jメールミドルエイジのママや、地方在住のママが多い。 地方でママ活をしたい人には、打ってつけだと言えるだろう。 無料登録するだけで、最大1,000円相当のポイントがもらえるのも良いよな。 2000年に運営を開始して、運営期間が長いことも魅力だ。 Jメールには一緒に食事に行く相手を探す「誘い掲示板」というものがあるから、ここに「ゴハンを奢ってください」などと書けば、ママにアピールできるぞ。 写真一覧で気に入ったママを見つけたら、速攻でメールを送信できるから、手間もかからない。 早くママに出会いたいヤツには、Jメールがオススメだぞ!

SILK:大学生のママ活におすすめ

SILK

会員数 15,000人以上(2019年2月時点)
登録料金 無料
ママの年齢層 20代中盤〜40代
管理体制 24時間365日の監視体制
オススメ度 ★★☆☆☆

SILKは業界初となるママ活専用のアプリだ。 大学生しか登録できないのがネックだが、社会人男性は登録できないため、ライバルが少ないメリットがある。 男子大学生にとって、活動しやすいアプリだと言えるだろう。 ただし、2019年にリリースされたばかりの新しいアプリということもあり、会員数が少なく、ママの数も少ない。 また、金銭のやり取りが禁止されているため、報酬は食事やプレゼントのみとなってしまう弱点がある。 とはいえ、ママ活専用のアプリのアプリは貴重だ。 既婚者は登録できないようになっているから、リスクも少ない。 今後のサービス拡大に期待大だな。

SILKを試してみる  

ぬこペット:ママ活専用アプリ

ぬこペット

会員数
登録料金 無料
ママの年齢層 未定
管理体制 未定
オススメ度 ★★☆☆☆

ぬこペットは、ママ活専用アプリであることを公言している珍しいアプリだ。 ママ活したい女しか登録していないから、出会いまでの流れもスムーズだ。 ママにおねだりができる「お願い機能」なんてものもある。 男女ともに年齢制限もないし、いろんな年齢層のママと出会えるぞ! ただしサービス開始までに時間がかかっており、ママの数がどれくらい増えるかなど、未知数なところが多い。 「ママ活専用アプリ」と謳っているだけあって、いろいろと高いハードルがあるのかもしれないな。 今後の動向を要チェックだ!

ぬこペットを試してみる

ママ活アプリ・サイトの登録から利用までの流れ

ママ活アプリ・サイトの登録から利用までの流れ ここからはママ活アプリ・サイトの使い方を解説していく。 といっても、難しい操作は必要ない。 普段からマッチングアプリを利用しているヤツなら、スムーズに利用開始できるだろう。

1. ママ活アプリ・サイトを決める

まずはどのママ活アプリ・サイトを利用するか決めよう。 一つに絞る必要はないが、操作に慣れるまでは、一つのアプリ・サイトで活動をしたほうが良い。 まずは無料登録できるアプリ・サイトで練習を積んでおき、慣れてきたら別のアプリやサイトに登録してみると良いだろう。  

2.プロフィールを作成する

ママに気に入ってもらうには、プロフ作りが大事だ。 自分がどの場所に住んでいて、何をしている人物なのかを、きちんと紹介しよう。 ママを探すのは、プロフを作り込んだ後で良い。 プロフがしっかりしていないと、ママの反応も悪くなるから要注意だぞ! プロフィールの書き方については、出会い系サイトの方で解説しているぞ。内容は共通だから、『出会い系プロフィールの書き方マニュアル』を参考にしてくれ。

3.ママを探す

ママを探すときは、1人にターゲットを絞るのではなく、2〜3人を同時にアタックした方が良い。 最初から1人に絞ってしまうと、そのママに執着してしまい、うまくいかなかった時のダメージが大きくなる。 逆に複数人同時進行だと、「他にもママがいるからいいか〜」と心に余裕を持つことができる。 心に余裕ができれば、大胆な行動にも出やすく、結果として成功しやすい。 早い段階でママ活のコツを掴むこともできるし、挫折するリスクも少なくなるからな。  

4.メッセージを送信する

ここまできたら、いよいよママにメッセージを送ってみよう。 ママ活を成功させるには、最初のメッセージが重要だ。 ママ活で挫折する男の多くは、最初のメッセージの送り方を間違っているヤツが多い。 ママ活だからといって、最初から報酬の話を出したり、ホテルに誘ったりするのはNGだ。

りょうた

りょうた

「ママ活募集中です」 「お金を支援してもらえませんか?」

こんな風に、ママ活を前面に出したメッセージを送るのは避けるべきだ。 このことをわかっていないヤツが本当に多い。 ママ活とはいえ、相手は女だ。 相手がどこの誰だかわからない男に、ポンポンと都合良くお金をくれる女はいない。 まずはママと仲良くなることを目標にしてみてくれ。 お互い打ち解けた後で、本題に移れば良い。メッセージやり取りのコツは、『出会い系メールの書き方』にまとめてあるぞ。

ママ活アプリ・サイト【まとめ】

何度もアタックして、数をこなすことが、ママ活成功の近道だ ママ活を始めたばかりの頃は、うまくいかないことが多いと思うが、気にする必要はない。 誰だって最初は失敗するものだ。 今回紹介したママ活アプリ・サイトは無料で登録できるものばかりだから、練習するにはもってこいだぞ! 何度もアタックして、数をこなすことが、ママ活成功の近道だからな。 どうせママ活するなら、美人ママがいいよな。PCMAXが一番あたり女を引きやすいから、試してみてくれ。

【無料】PCMAXを試してみる

関連記事