(早漏改善)ずっと早漏だった俺が実験して発見した治し方おすすめランキング◎選

(早漏改善)ずっと早漏だった俺が実験して発見した治し方おすすめランキング

こんにちは。セックス好きのりょうただ。

「早漏だからパートナーを満足させられない!」って?その気持ちめっちゃわかるぜ。

実は俺も早漏だったんだ。

  • 挿入1分で発射
  • 前戯の手コキで発射
  • ピンサロ3分で発射

ピンサロ3分で発射は本当に地獄だった。残りの20分以上を世間話で過ごすという状況になってしまったんだ。ピンサロ嬢にも「えっ、はやっ!」って言われてショックだったなwww

ただ、そんな俺も悔しくていろんな改善方法を試してみたんだ。そうすると、「1分以内の射精=早漏」だと言われている範囲から、脱出することができた。そのあとはパートナーとのセックスも楽しくなった。。。というかセックスが楽しくなってヤリチンになったwww

ということで、早漏だった俺が今まで試してきた改善方法や治し方の中で、よかったものをランキング形式で紹介する。

  • 早漏の原因とは?
  • 早漏改善のおすすめ法
  • 俺流セックス時の早漏改善テクニック

今回は、この3つに焦点を当てて紹介していくぜ。ぜひ参考にしてくれよな。

早漏の原因を知って改善点を絞り出そう

早漏の原因を知って改善点を絞り出そう
早漏を改善したいならまずは、治し方を知るよりも原因を知った方が効率がいい。早漏の主な原因となっているのは、

  • 心理的要因による早漏
  • 物理的要因による早漏
  • 体力的要因による早漏
  • 射精コントロールのテクニックがない

の4つとなっている。まずは、このどれに自分が当てはまるのかをよく知ってほしい。そして、ランキングに関係なく原因を解決できる改善方法を試してみてくれ。

心理的要因による早漏

心理的要因による早漏とは、

  • 興奮
  • ストレス

などを感じることによって、射精の速度が早くなってしまうことだ。

興奮とは、超美人とのセックスだったり憧れの人とセックスしたりするときに感じる高揚感だ。興奮度が強い場合は、射精が早くなることがあるよな。

また、日々感じる仕事のストレスや経験が少ないがための緊張で早漏になってしまうことも。早漏の人でも、「今日はちょっと早かったな」とか「今日はいつもより我慢できたな」と感じることがあると思う。

そのような人は、心理的要因による早漏かもしれないぞ。あとは、日々オナニーに興じている人で早漏なのは、心理的要因が多いと思うぜ。実は、オナニーによって物理的要因は鍛えられている可能性があるからな。

物理的要因による早漏

物理的要因による早漏は、文字通りチンコへの刺激によって早く射精することだ。チンコの中でも亀頭周辺やカリ周辺が敏感になっていて、過敏性早漏なんて呼ばれているぞ。

手コキやフェラですぐに逝ってしまう人は、物理的要因による早漏である可能性が高いな。この場合は、物理的刺激に慣れることが改善方法だ。

また、包茎だという人は物理的要因による早漏である可能性が高い。包茎性早漏ともいう。皮をかぶっている部分が日々の刺激から守られているため、ボッキ時に刺激を感じやすくなってしまうんだ。

包茎の人で早漏を改善したいなら、包茎手術を受けるのが一番手取り早い。

ちなみに、毎日のようにオナニーしている人は、チンコへの刺激を日々加えているため、物理的な要因である可能性は低くなるぞ。

体力的要因による早漏

体力が落ちている人は早漏になりやすい。筋肉の衰えなどによって、我慢する力が落ちているために早漏になってしまう。

  • 加齢
  • 普段から運動していない

この2つによって早漏になることもあるので注意してほしい。ただ、筋トレや日々の生活に運動を取り入れることで改善できるので、ぜひ日常的に運動してほしい。

射精コントロールのテクニックがない

最後が誰にでも当てはまる射精コントロールだ。射精コントロールのテクニックがないのは、早漏の人だけに関わらず、

  • なるべく長く挿入していたい人
  • 射精のタイミングをコントロールしたい人

も悩んでいることだろう。

射精をコントロールできるようになると、女性が満足する挿入時間(10分〜20分)の間に射精することができる。男ならトレーニング必至の項目だな。俺もいまだに射精コントロールは勉強しているぞ。

早漏改善のおすすめランキング

早漏改善のおすすめランキング
早漏だった俺が早漏改善したおすすめの方法を11個紹介する。ただ、これは俺が今まで経験してきてよかったものだ。

早漏は人それぞれ原因があるから、ぜひ自分の原因を理解してから治し方を参考にしてくれ。

  1. 危機感を与える
  2. セックスに慣れる
  3. 筋トレ
  4. オナニーで鍛える
  5. 肛門トレーニング
  6. セマンズ法
  7. スクイーズ法
  8. 食事を改善する
  9. セックス前に射精しておく
  10. アイテムを使う
  11. 病院で治療してもらう

順番に詳しく紹介していくぞ。

1:危機感を与える(射精コントロールを鍛える)

セックス中に危機感を与えることで、射精を少しだけコントロールできる。危機感とはどういうことか。

例えば、ベットの枕元に熱々のホットコーヒーがおいてあった場合、騎乗位のときに顔面にこぼれるかもしれない。このようなことを超リアルに想像すると、挿入しているのに射精どころではなくなる。

  • 挿入中に地震がきたら
  • 挿入中に宅急便がきたら

宅急便に関しては、経験したことある人もいるだろう。インターホンがなった瞬間って、射精のことを完全に忘れてしまうよな。このように危機感を与えることで、射精から意識をそむけることができる。

そうすると、一瞬射精したい欲が納まり、射精をコントロールできるようになるというわけだ。これは早漏以外の人にも効果的だぞ。

ちなみに、危機感を与える方法は、AV男優のしみけんさんがテレビで紹介していた。俺も実際に試してみたら、意外と効果的だったので1位として紹介させてもらった感じだ。

ただ、ものすごくリアルに考える必要があるので、想像力が必要とも言える方法だな。簡単にできるのでぜひ試してみてくれ。

2:セックスに慣れる(心理的要因の改善)

超美人とセックスするときは、興奮の高まりによって射精速度が早くなってしまう。この心理的要因を解決する簡単な方法は、超美人とセックスしまくり美人とのセックスに慣れてしまうことだ。

超美人じゃなくてもセックス経験が少ないと興奮しやすくなるから、セックスをたくさん経験して慣れてしまうのが一番手取り早い。

俺の経験上、セックスをすればするほど余裕のあるセックスができるようになるし、メンタルをコントロールする余裕が生まれる。俺の早漏改善の大きな理由のひとつだ。とにかくセックスしまくろう。

3:筋トレ(体力的要因の改善)

体力の衰えや加齢によって早漏になってしまうことは筋トレで解決できる。筋肉をつけることで、我慢する体力を養えるということだ。

もちろん早漏だけに効果があるわけじゃない。筋トレによって体力がつくことで、セックスをいつもより長時間できるし、きつい体勢での挿入も可能だ。

筋トレは健康にもいいし、ストレスの解消にもなる。正直、早漏でなくてもやるべきだ。俺も週に2回は筋トレをしている。筋トレをすると仕事もはかどるし、やらない理由がないな。

4:オナニーで鍛える(物理的要因の改善)

物理的要因とする早漏の人は毎日オナニーすることが重要だ。オナニーによって物理的快感に慣れてしまえば、早漏も改善できるぞ。といっても何も考えずにオナニーすれば良いというわけではない。ポイントは以下の3つだ。

  • 亀頭中心に刺激を与える
  • 射精しそうになったら刺激をやめる
  • ローションなどを使う

亀頭周辺は刺激をもっとも感じやすい部分だ。そのため、亀頭周辺を中心に刺激を与えていこう。そして、射精しそうになったら刺激するのをやめて我慢する。「射精しそうになったら我慢する」を1回のオナニーで5回以上は繰り返そう。

もちろん多い方がいいので10回とかやってもいいと思うぜ。重要なのは我慢することだ。

このオナニートレーニングをするときは、なるべく実戦に近い方がいい。そのため、ローションを使ってリアリティを出すことも重要ポイントだ。

ちなみに俺はオナホールを使ってトレーニングしていたぞ。TENGAとかおすすめなので、オナニートレーニングとして使ってみてくれ。

5:肛門トレーニング(射精コントロールを鍛える)

肛門トレーニングもAV男優のしみけんさんがテレビで紹介していた方法だ。射精する瞬間に肛門をギュッと締めることで、射精を我慢することができる。また、鍛えまくると1回の射精を2回に分けて発射することもできるようになるらしい。これは完全に玄人レベルだが。。。

やり方は簡単で暇なときに肛門にギュッと力を入れるだけだ。電車の中とかの隙間時間にもできるトレーニングなのでかなりおすすめだな。

俺は2年前くらいから肛門トレーニングをやっていて、セックス中はかなり役に立っている。特に我慢させられるSMプレイのときには、1回の射精を2回に分けられることで、褒められることが多いな。

SMなのにプレイ終了後にものすごく褒められるし、S嬢もプレイを楽しでくれる。毎回2回に分けられるわけではないが。。。

6:セマンズ法(心理的要因・物理的要因を改善)

パートナーに手伝ってもらいながら行う治し方なので、気軽にはできないがかなり効果的な改善方法だ。また、パートナーと一緒にやるので、心理的にも物理的にも効果がある。

  1. パートナーに刺激してもらう(手コキやフェラなど)
  2. 射精しそうになったら刺激をやめてもらう
  3. 治ったら刺激再開
  4. 5回程度繰り返したら射精する

手順はこんな感じだ。刺激を加えてから我慢を繰り返すのは、オナニーのトレーニング方法と同じ。できれば手コキだけではなく、フェラしてもらったり挿入してもらったりすることで、より高い効果が得られるぞ。

パートナーが刺激してくれるので、エロい雰囲気があるのも心理的要因の解決につながる改善方法だな。俺も昔のパートナーによくやってもらっていたし、これは本当に効果があった。

というか、このセマンズ法でトレーニングしていたから、女性から責められるのが好きになったと言えるな。パートナーも元々はMだったけど、Sプレイもできるようになってたなwww

7:スクイーズ法(物理的要因の改善)

スクイーズ法は射精時にチンコを握り締めて強制的に射精を我慢する方法だ。そのため、やりすぎはおすすめできないが、早漏改善の効果は期待できる。

  1. チンコを刺激する
  2. 射精しそうになったらチンコを握り締める
  3. 治ったらチンコを最後刺激
  4. これを5回程度繰り返

手順はこんな感じだ。自分1人で行ってもいいし、パートナーに手伝ってもらうのもOKだ。パートナーに手伝ってもらえば、心理的要因の解決にもつながるし一石二鳥だな。

8:食事を改善する(心理的・物理的要因の改善)

早漏と食事は関係ないと思われがちだが、実際は大きな関係がある。例えばセックス前にリラックスするような食べ物を食べれば、心理的要因の改善につながる。精力をつける食事を日々食べていれば、ボッキ力が上がり物理的要因の改善にもつながるぞ。

早漏改善の食材

  • 牡蠣
  • あさり
  • 青魚
  • うなぎ
  • 赤身肉
  • 納豆
  • オクラ
  • ナチュラルチーズ

早漏改善につながる食材の代表例を上げてみた。特に魚介類や粘り気のある食材には早漏を改善する効果が期待できるので、普段の食事から注意していこう。また、納豆やナチュラルチーズなど普段から簡単に食べられるものは積極的に摂っていこう。

早漏改善のさまたげになる食材

  • ファーストフード
  • お菓子
  • コンビニの弁当

一人暮らしの男なら、コンビニ弁当やファーストフードを食べることが多いと思う。しかし、このような食事はあまりおすすめしない。理由は添加物が血糖値を上昇させるからだ。血糖値の上昇は、射精を早くさせる可能性がある。

また、毎日筋トレしていてもファーストフードばかり食べていたら効果はほとんどないことも覚えておこう。食生活はいろんな原因の根本を解決してくれるので、ぜひ身体に良いものを食べて早漏を改善しよう。

9:セックス前に射精しておく(射精コントロールを鍛える)

セックス前にオナニーして射精しておくという方法は、「メリーに首ったけ」という有名映画でも言われてた気がするな。1度射精しておけば、2度目の射精は遅くなる。

ただ、個人的にはあまりおすすめしない。

理由は、早漏を根本的に解決する方法ではないからだ。そしてセックスが楽しくなくなってしまうからだ。個人的にはセックスは楽しむものだと思っている。そのため、オナニーをして興奮度も落ちた状態でのセックスはつまらないものになってしまう。

セックス前に射精するなら、日々の筋トレや食事改善をするのがおすすめだな。

10:アイテムを使う(射精コントロールを鍛える)

セックス中にアイテムを使うことで射精を遅らせることが可能だ。お金をかければ手っ取り早く早漏を防ぐことができるので、使ってみても良いだろう。ただ、これも根本的に解決させるような方法ではないので、個人的にはランキングを低くしておいた。

  • コンドーム
  • スプレー
  • サプリメント

これらを使うことで射精を遅らせることができるぞ。

コンドーム

早漏の人が使うアイテムとして、厚いコンドームを使うのは基本だろう。最近では0.01mmのコンドームもあるが、早漏の人は0.1mm以上のコンドームを使うのがいい。また、麻酔入りのコンドームもおすすめだ。

Amazonで「早漏 コンドーム」とかで調べてみてくれ。結構たくさんの商品が出てくるぞ。

スプレー

早漏防止スプレーとして、リドスプレーという麻酔入りのスプレーがある。これを亀頭などに直接吹きかけることで、鈍感になり早漏防止になるというわけだ。

表面だけに麻酔が効いているので、ボッキしなくなるということはない。もちろんかけすぎはよくないが。

ただ、問題点が2つほどある。

  • 女性も感じにくくなる
  • 舐めてもらえない

当たり前だがチンコに直接スプレーするので、その部分を舐めれば麻酔の効果がパートナーにも移る。さらにリドスプレーはめっちゃ苦いらしい。

サプリメント

早漏を改善できるサプリメントというものがある。これは精神を安定させる効果があるサプリメントで、心理的要因を解決できるものだ。早漏で悩んでいるならとりあえず飲んでみても良いかもしれないな。

サプリメントは即効的な効果は得られないが、食生活を改善するような感覚と似ている。アイテムを使う中ではおすすめしたい方法だ。

11:病院で治療してもらう

今までいろんな改善方法を紹介してきた。もし全て試して思った効果が得られない場合は、病院で治療してもらうのがおすすめだ。

病院で治療してもらうことで早漏を確実に改善することができる。筋トレやオナニーで鍛える方法も無料でできるのでおすすめしたいが、メンズクリニックで治療してもらえば速攻解決できるぞ。

もちろん安くはないが、時間や効果を考えたら病院で治療してもらうのが良いのかもしれない。

減痛治療

病院で早漏を改善してもらう主な方法が減痛治療だ。性感帯である亀頭などに手を加えることで早漏を解決できる。

  • 包皮小帯切除法
  • 亀頭冠焼灼法
  • 薬剤注入

包皮小帯切除法は、性感帯の一部を切り取ってしまう方法だ。感じにくくすることで早漏を改善できる。亀頭冠焼灼法は、カリを焼いて鈍感にさせる方法。薬剤注入は、薬剤を入れることで感じにくくする方法だ。

どの方法も効果的だと言われているが、メンズクリニックでしっかりと相談した上で決めた方がいいだろう。

包茎治療

筋トレなどを頑張っても包茎の人は包茎を治さなければ根本的な改善とはいかない。そのため、包茎手術を受けるのがおすすめだ。

包茎が治れば刺激に鈍感になり、早漏が改善する。今までいろんな方法を紹介してきたが、包茎の人は包茎治療を受けるのが一番いい。

俺の早漏改善テクニック

俺の早漏改善テクニック
今までランキングで早漏改善方法を紹介してきた。ここでは俺が今行っている早漏改善テクニックを紹介する。それが以下の通りだ。

  • 日々筋トレと食事改善
  • 危機感を与える
  • 厚めのコンドームを。。。
  • 前戯で相手の満足感を高める
  • 感じない体位で挿入

日々行っていることは、筋トレや食事改善だけだ。基本的なことなので、ぜひこれを読んでいる方もやってほしい。また危機感を与えることと厚めのコンドームを使うことは、ランキングの中でも紹介したし、俺も実際にやっていることだ。

紹介していないテクニックとしては、「前戯で相手の満足感を高める」というものがあるな。

なるべく挿入時間を短くしても満足してもらえるように前戯をたくさんするってことだ。クンニや手マンの技術だけじゃなくて、どんなキスをするのかどんな風に責めるのかをしっかりと研究することも早漏の人には重要なことだぞ。

また、なるべく感じにくい体位でセックスするのもおすすめだ。正常位やバックは自分が動くため射精しやすくなってしまう。動きにくかったり、相手に動いてもらう体位にすると射精を遅らせることができるぞ。

個人的なおすすめの体位は、

  • 騎乗位
  • 対面座位
  • 寝バック
  • 側位

の4つだ。正常位などで射精しやすい人は、ぜひ試してみてくれ。

早漏の原因を見つけて改善していこう

早漏の原因を見つけて改善していこう
早漏改善には、まず自分が早漏である原因を理解するところから始めよう。刺激に弱いならオナニーで鍛えるのが効果的だし、包茎なら手術して根本から改善してくれ。

また、相手を満足させるために改善方法をいろいろ試してみると、俺流の早漏改善テクニックを見つけることもできるぞ。ちなみに、筋トレや食事改善は健康にも良いので、早漏の人とか関係なくおすすめしたい。

関連記事