Gスポットの攻め方!女をイカせる愛撫や触り方・テクニックを晒す

Gスポットの攻め方!女をイカせる愛撫や触り方・テクニック

りょうた

こんにちは。セックス大好き人間のりょうただ。

女をセックスで満足させたいって誰もが思うよな。しかし、なかなかうまくできなかったり、女をそもそもイカせられなかったりしていないか?

そういう男たちには、Gスポットを刺激して女を快楽の波に溺れさせてほしい。Gスポットは中イキもできる快楽スポットだからな。

この記事を開いてるっことは、Gスポットの攻め方を知って、女を気持ちよくさせたいって本気で思っている人のはずだ?

そういう人は覚えておいてほしい。Gスポットで女を虜にできるなら、セフレ作りに困らなくなる。

それだけ世の中の男は、Gスポットを的確に刺激できないんだ。Gスポットを知るだけでセフレ作りに活かせるし、パートナーを満足させてあげられるぞ。

●Gスポットの的確な場所とは?
●Gスポットでイカせるための攻め方
●Gスポットを攻めるときに注意すること
●Gスポットを攻めて潮吹きさせる

この記事で、紹介しているのはこの4つのポイントだ。男ならGスポットで満足させてあげてくれ。女性を魅了する大きな武器になることは間違いない。

Gスポットとは?

Gスポットとは

Gスポットは膣内の前側にある性感帯だ。尿道海綿体といい親指の爪くらいのサイズだと言われている。(人によって違いがある。)
クリトリスと膣、尿道が集まった場所ということもあり、刺激を感じやすいんだ。

気になるのはGスポットって名前。「なんでGなの?」って思う人も多いはず。

名前の由来は、Gスポットの発見者であるエルンスト・グレーフェンベルク(Ernst Gräfenberg)の「G」を取ってつけられた。エルンスト・グレーフェンベルクはドイツ人の産婦人科医で、1950年に論文を発表したんだ。

意外と最近のことだよな。それまで女性の膣内では、快楽を感じないと思われていたらしいぞ。

Gスポットは男の前立腺に当たる部分とも言われている。確かに女はGスポットで潮吹きをして、男は前立腺で潮吹きをするからな。

男の前立腺に興味がある人は、前立腺でメスイキした俺の体験談を読んでみてくれ。

ドライオーガズム(メスイキ)体験談!実際に店でイッた体験とコツを晒す

Gスポットの場所を特定する

Gスポットの場所を特定

この記事を読んでいる人の半分は、Gスポットの場所が気になってるんじゃないか?

確かにGスポットを見つけるのは難しい。特に、Gスポットを刺激したことがない人は、正確な場所を特定できないと思う。

そこで、Gスポットの場所を特定する手がかりを4つ紹介しておく。

●中指(または人差し指)を奥まで挿れて、第二関節を曲げた指の先辺り
●Gスポットはちょっとザラザラ、ボコボコしている
●クリトリスの裏側
●女の反応が変わる

この4つを参考にしてGスポットを探れば、確実に見つけられるぞ。ポイントになるのは、「指を奥まで挿れて第二関節を曲げた辺りにあるザラザラ、ボコボコしてるのがGスポット」ということだ。

もちろん、女によって、Gスポットの場所は違うので一概にはいえないし、ザラザラの場合もボコボコの場合もある。そこでもう1つ参考にしておきたいのが、「クリトリスの裏側」ということ。

俺のイメージ的には、Gスポットをクリトリスの裏から押したところにあるイメージだ。そのため、クンニしながらGスポットを押し上げて、クリトリス自体を口に押し入れるイメージがわかりやすいと思う。

もちろん、強く押し上げる必要はないぞ。あくまで場所を特定するときのイメージの話だ。

そして、最後に参考になるのが、Gスポットを刺激すると女の反応が変わるということ。快楽に腰を動かすこともあるし、違和感に避ける場合もある。

ただ、どちらにしても反応が変わればGスポットだと思ってくれ。違和感がした場合は、Gスポットの刺激に慣れていないだけだ。

Gスポットでイカせるための攻め方

Gスポットでイカせるための攻め方

Gスポットでイカせるための攻め方にはポイントがある。

「Gスポットの場所もわかったし、あとは手マンだぜ!」って思ってるやつは、女をセフレにするどころか、女から嫌われるから気をつけてくれよ。

Gスポットは性感帯だ。乳首を優しく舐められるのは気持ちいいけど、強くつねられたら痛いよな?

同じようなものだから優しく扱うようにしてくれ。

●ピンポイントで刺激する
●刺激の強さが重要
●女が興奮状態にある
●ある程度Gスポットを開発されている

この4つのポイントを理解して、Gスポットを攻めてみてくれ。

Gスポットをピンポイントで刺激する

Gスポットはピンポイントで攻めなければならない。そのために、Gスポットの確実な場所を覚えておく必要があるんだ。

そして、Gスポットをピンポイントで、押し上げるように刺激すること。

女から聞く言葉に、「ゴシゴシと手マンするのは痛い。」というものがある。おそらくAVなどの影響で、膣内をこすることが手マンの正解としている人が多いらしい。

実は、こするのではなく押すのが正解だ。膣壁に対してリズムよく直角に押す。これが正しいGスポットの攻め方になる。

そもそも、Gスポットは親指の爪くらいの狭い範囲だ。そこをこすってしまっては、ピンポイントに刺激できなくなるからな。

リズムよく押すことで、快楽を与えることができるぞ。

Gスポットへの刺激の強さが重要

ピンポイントに押すときに注意したいのが、押す強さだ。これが結構難しい。人によって気持ちいいと感じる強さが違うからな。

少し押しただけで快楽を感じる人もいれば、かなり強く押さないと快楽を感じない人もいる。

ここに関しては、最初は優しいところから始めて、反応を見ながらちょうどいい強さを探していくのがおすすめ。

ただ、覚えておいてほしいのが、強く押しすぎてはいけないということだ。

女が興奮状態にあることで感じる

Gスポットを刺激すると、エロスイッチが入るわけではない。元々エロスイッチが入っている状態でGスポットを刺激するから快楽を感じるんだ。

興奮状態にない女のGスポットを刺激しても、あまり感じてもらえない。つまり、前戯が重要になってくるということ。

そして、セックス前のデートの段階から、ボディタッチなどをして興奮状態を高めておくのがおすすめだぞ。

ある程度Gスポットを開発されていること

Gスポット未経験の女は、Gスポットを刺激されると違和感がする人が多い。そのような人は、いくらうまくGスポットを攻めてもGスポットでイカせたり、潮吹きさせるのは難しくなってしまう。

ある程度の信頼関係や興奮状態にある中で攻めれば、Gスポットで快楽を感じてもらいやすいが、かなり上級者でないと難しい。

このような女を相手にする場合は、ゆっくりと開発段階から進める必要があるぞ。ただ、このような女は、自分好みに開発できるから違う面白味もあっておすすめだ。

Gスポットを攻めるときの注意点

Gスポットを攻めるときの注意点

Gスポットの場所や攻め方がわかっても、注意点を覚えておかないと快楽を与えられない可能性も。

ということで、Gスポットを攻めるときの注意点を3つほど紹介する。Gスポットを攻めたいなら必読章だ。

AVのようなガシガシ手マンはしない

マジで、AVのようなガシガシ手マンだけはしないでくれ。あんなに激しく手マンされて気持ちいいと思うか?

ちんこを唾もつけずにゴシゴシされたらめっちゃ痛いと思うぜ。

AVはあくまで演出だ。Gスポットの攻め方のところでも紹介したが、リズムよくピンポイントで押すのが正解。強さは優しいところから、女の顔色を伺いながら強くするようにしてくれよ。

「ガシマンがマジで痛い。」って声を、令和になってからもよく聞くよな。そういう人はAVのNGセックスを紹介してる記事を読んでみてくれ。

セックステクニック大全!AV思考を卒業して女が喜ぶ本当の愛撫を伝授する

あまり感じていないのに長時間攻めない

Gスポットをリズムよくピンポイントで刺激できたとしても、Gスポット未経験だったり、力加減が違ったりすると快楽を感じにくくなってしまう。

それを長時間攻め続けても、あまり意味がない。気持ちよくないところを必要に攻められ続けても、「ん?何してるの?」ってなるだろ?

髪先を女性にちょんちょんされても気持ちいいって感じないはずだ。それを10分20分されても、気持ちが冷めるだけだよな。

Gスポットを攻めてみて、「あれ?ちょっと無理かもしれない。」と思ったら無理に攻めることをやめて、他の部分を愛撫して上げてくれ。

セックスで重要なのは、Gスポットを執拗に攻めることよりもムードだからな。

尿意を感じることもある

実は、Gスポットを刺激すると尿意を感じてしまう人も多いんだ。そうなると、せっかくGスポットを刺激しているのに、腰をくねらせてポイントをズラしてしまう。

そりゃ、セックス中におしっこ漏らすのは恥ずかしいからな。

ただ、Gスポットで尿意を感じても、その先にさらなる快楽がある。それが潮吹きと呼ばれているやつだ。

もし女が尿意を感じたのなら、「大丈夫だよ。我慢しなくて。」と紳士な言葉をかけてあげてくれ。もしかしたら、潮吹きをさせることができるかもしれないぞ。

Gスポットを攻めて潮吹きさせる方法

Gスポットを攻めて潮吹きさせる方法

Gスポットでイカせたいと思っている人の中には、Gスポットで潮吹きさせたいと思っている人も多いだろう。

というより、Gスポットを刺激する最終目標は潮吹きだよな。あれは男の夢だ。

そこで、Gスポットを攻めて潮吹きさせる方法を紹介していくぞ。ポイントになるのは、

●信頼関係
●Gスポットの刺激に慣れている
●尿意を感じても我慢しない
●水分補給
●逝ったあとに潮吹き

の5つのポイントだ。

ちなみに潮吹きについて記事も書いているから、潮吹きさせたいならこちらも読んでみてくれ。

超気持ちいい!女に潮吹きさせる方法と簡単にマスターできるやり方を徹底深堀り

信頼関係があること

大切なポイントが、信頼関係があるかどうかということ。特に潮吹きをしたことない人は、信頼関係がかなり大きなポイントを占めている。

理由は、恥ずかしいからだ。

潮吹きは、強制排尿させられていることに近い感覚らしい。そのため、ある程度の信頼関係がある人でないと、潮吹きを恥ずかしがってしまうんだ。

簡単にいうと、ワンナイトで潮吹きさせようとするのは難しいということ。

まだ、潮吹きをさせた経験がない人は、まず彼女やセフレで潮吹きさせてみよう。

Gスポットの刺激に慣れていること

Gスポットを刺激されたことない女が、初めてGスポットを刺激されると違和感を覚える。ということは伝えた。

もちろん、潮吹きでも同じこと。潮吹きはイカせることよりも大変だ。イクの先に潮吹きがあるからな。

そのため、Gスポットの刺激に女が慣れているかどうかが重要だということだ。もし慣れていないなら、Gスポットの刺激に慣れるところから始めるようにしよう。

水分補給が大切

潮吹きは体の水分を放出している行為だ。つまり、水分が体に十分にあることが必須。潮吹きをするAVの撮影では、大量の水分を摂っている。

それだけ潮吹きには水分が大切だということ。

もちろん、AVのように大量の潮を吹くわけではないので、ちょっとした水分を補給しておけば十分だ。

もし潮吹きしてもらいたいなら、セックス前に水を飲んでもらうようにしよう。

ちなみに、男性も水分は多く摂取しておいた方がいいぞ。特に水がおすすめだ。理由は、男性も乳首やクンニするときに唾液が必要だから。唾液は十分にあった方がクンニが気持ちいいらしいしな。

尿意を感じても我慢しない

Gスポットを攻めると尿意を感じてしまうことが多い。しかし、潮吹きさせたいなら尿意を感じても我慢しないことが重要だ。

その尿意こそ、潮吹きの原水なんだ。尿意を超えた先に潮吹きと快楽があるということ。

そのため、尿意を感じて漏らしてしまいそうでも、「大丈夫だよ。我慢しないで。」と声をかけてあげよう。まさに信頼関係がないと潮吹きが難しい理由がわかるだろう?

「力を抜いて、そうしたらもっと気持ちよくなるよ。」と言ってあげるのが、俺のGスポット潮吹きセリフだな。

ぜひ使って、みんなで流行らせてくれ。

逝ったあとに潮吹き

潮吹きは基本的に逝ったあとの方がしやすい。そのため、Gスポットで一度逝かせてから、潮吹きさせるようにしよう。

もちろん、逝ったあともGスポットを刺激し続けるわけで、女からするとその刺激に悶絶するパターンが非常に多いんだ。

この悶絶も尿意と同じ。我慢を通り越えた先に潮吹きという快楽が待っている。

Sな男なら、拘束した状態でGスポットを攻めてあげるのがおすすめだ。もちろん、相手が生粋のM女に限るが。

Gスポットの攻め方を極めればセフレ作りにイカせるぞ

Gスポットの攻め方を極めればセフレ作りにイカせる

Gスポットのあれこれについて紹介してきたが、もっとも大切なことは、

●Gスポットを見つけること
●刺激の強さとやり方
●男女の信頼関係

の3つだ。「気持ちよくさせてやる!」と意気込んで激しくするより、相手のことを考えたGスポットの攻め方を考える方が良い。

その方が、「あの人はGスポットも的確に刺激してくれたし、何より優しかった。」とセフレになってくれる可能性も上がるぞ。

Gスポットはセフレ作りに大きく役立つが、ただの1つの武器だと覚えておこう。結局最後は、人間性が重要なポイントになるからな。

セフレを作りたいなら、以下の記事も参考に読んでみてくれ。俺がセフレを作ってきた経験を紹介しているぞ。

セフレの作り方を徹底網羅!簡単にゲットできる方法と男が勘違いしてるNG行動を調査

セフレを作れるアプリのおすすめ!まずは戦う場所選びでめちゃくちゃ変わる理由

関連記事